TIFNet

鳥取大学生命機能研究支援センター技術セミナー「~最新の質量分析技術~」開催報告
2017年6月27日(火)開催
  • トップ
  • >
  • 活動報告
  • >
  • 鳥取大学生命機能研究支援センター技術セミナー「~最新の質量分析技術~」開催報告

鳥取大学生命機能研究支援センター技術セミナー「~最新の質量分析技術~」開催報告

2017年6月27日(火)開催

技術セミナー「~最新の質量分析技術~」

 表記の技術セミナーを2017年6月27日(火)に鳥取大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー棟セミナー室(鳥取キャンパス)で開催しました。本セミナーでは、島津製作所分析計測事業部の服部考成様を講師としてお招きし、最新の質量分析技術であるメタボロミクスを中心に、基礎から医療分野や食品分野への応用まで具体例を交えて解説していただきました。

 本セミナーは鳥取大学医学部総合教育棟(米子キャンパス)ともLAN中継を行い、鳥取大学、鳥取環境大学、鳥取県科学捜査研究所、鳥取県産業振興機構などから合わせて22名もの教職員、研究員、学生の方々にご参加いただきました。質疑応答では基礎的な内容から具体的な測定法に関する論戦まで、予定時間を大幅に超えた活発な議論が行われました。

受講者:学外3名、学内19名

プログラム

13:00 TIFNet事務局からのご案内
13:35 開会挨拶
鳥取大学生命機能研究支援センター 副センター長 森本 稔
13:38 講師紹介
島津製作所分析計測事業部 服部考成 氏
13:40 プレゼンテーション「最新質量分析技術のご紹介」
14:50 質疑応答
15:40 アンケート記入
15:45 TIFNet事務局よりお知らせ

当日の様子

服部考成氏の講演講師の服部様
会場の様子(モニタはLAN中継の米子会場)会場の様子(モニタはLAN中継の米子会場)
鳥取会場鳥取会場
米子会場米子会場

アンケート結果

Q.TIFNetへの要望、今回のセミナーの感想などお書き下さい。
  • 最新データーも紹介頂いて有意義でした。
  • 基礎をやって頂いて有難う御座いました。
  • プログラムの考え方ややり方について聞けて参考になった。
  • MSの説明が色々と聞けて良かった。
  • 質量分析とは何かも分からなったが、初心者でも分かり易く教えて頂き大変勉強になりました。
  • GC-MSをこれから研究で使用するため、その原理が知れて良かった。
  • 基礎的な部分の話も最後に入れて頂いたので理解が深まった。
  • LC-MS/MS の実演を見る機会が有れば是非参加したい。
  • 内容が勉強になりました。
  • 他の機器の原理説明などあると嬉しい。