TIFNet

鳥取大学生命機能研究支援センターセミナー「高精細リアルタイムDNA/RNAシーケンサーMinIONのご紹介」開催報告
2017年7月20日(木)開催
  • トップ
  • >
  • 活動報告
  • >
  • 鳥取大学生命機能研究支援センターセミナー「高精細リアルタイムDNA/RNAシーケンサーMinIONのご紹介」開催報告

鳥取大学生命機能研究支援センターセミナー「高精細リアルタイムDNA/RNAシーケンサーMinIONのご紹介」開催報告

2017年7月20日(木)開催

セミナー「高精細リアルタイムDNA/RNAシーケンサーMinIONのご紹介」

 今回のセミナーは、Oxford Nanopore Technologiesの宮本真理様より、ナノポアDNAシーケンサー「MinION」をご紹介していただきました。 このセミナーは、鳥取大学研究支援棟Bセミナー室(米子キャンパス)で開催し、鳥取大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)棟セミナー室(湖山キャンパス)ともLAN中継を行い、両会場合わせて20名の方々にご参加頂きました。

 ナノポアDNAシーケンサー「MinION」は、設備投資が不要で、用途に応じてポータブルからデスクトップまでサイズが選べ、10分以内でライブラリー調整できます。手のひらサイズでUSBから電源が供給されるため、通常のラボ環境以外でも使用できます(サンプル採取と分析の距離を縮める)。米子会場では、受講者が実際に装置を手に取って見たり、質疑応答でも実際の仕事に関わる事などわかりやすく説明して頂きました。 MinIONは世界50ヶ国を超える国で利用され、NASAの宇宙ステーションでも利用されています。

 

受講者:学外1名、学内19名

プログラム

15:30 開会挨拶
鳥取大学生命機能研究支援センター センター長 岡田 太
15:40 講師紹介
Oxford Nanopore Technologies 宮本 真理 氏
13:40 プレゼンテーション「高精細リアルタイムDNA/RNAシーケンサーMinIONのご紹介」
16:40 質疑応答

当日の様子

岡田センター長 開催挨拶(米子会場)岡田センター長 開催挨拶(米子会場)
米子会場米子会場
演者の宮本氏によるモニターを使用しての説明演者の宮本氏によるモニターを使用しての説明
鳥取会場鳥取会場