TIFNet

鳥取大学生命機能研究支援センター

技術講習会 「次世代シークエンサー:ロードリングシークエンサーなど」

2018年3月23日(金) 鳥取大学米子キャンパス 参加者13名(うち学外4名)
  • トップ
  • >
  • 活動報告
  • >
  • 鳥取大学生命機能研究支援センター

    技術講習会 「次世代シークエンサー:ロードリングシークエンサーなど」

鳥取大学生命機能研究支援センター

技術講習会 「次世代シークエンサー:ロードリングシークエンサーなど」

2018年3月23日(金) 鳥取大学米子キャンパス 参加者13名(うち学外4名)

技術講習会 「次世代シークエンサー:ロードリングシークエンサーなど」開催報告

鳥取大学生命機能研究支援センターでは2018年3月23日(金)に(共催:TIFNet/国立法人 中国地方バイオネットワーク連絡会議)技術講習会を開催し13名にご参加いただきました。

午前中は難波教授より、ナノポアシークエンスの仕組みやMinIONについての講義が行われました。
午後は、実際に機器を使用し、データ解析の実習を行い理解を深めていただく事ができました。
今後使用を予定されている方も多く、大変内容の濃い講習会となりました。

受講者13名(鳥取大学9名、学外4名)

プログラム

      
10:00 開会挨拶
      鳥取大学生命機能研究支援センター  教授  難波 栄二
10:05 講義
      鳥取大学生命機能研究支援センター  教授  難波 栄二
12:00 休憩
13:00 実習
鳥取大学生命機能研究支援センター 助教 足立 香織
14:30 実習(データ解析)
鳥取大学技術部 技術専門職員 甲斐 政親
16:00 質疑応答
17:00 閉会